高血圧症になってしまうと食事や薬など色々と制限がかかってしまい身体的にも金銭的にも苦しくなってしまいます。そうなる前になにをすれば未然に防げるかご紹介していきますので参考にしてみてください

高血圧症の原因はLDLとそれを下げる飲物はコーヒー

高血圧症は心筋梗塞をはじめとする生活習慣病の原因になる病気で、一瞬で命を奪うことすらある危険なものなのです。高血圧症を引き起こす原因の一つに、LDLがあります。LDLとは、動脈硬化を引き起こす原因物質の一つで、細胞内に取り込まれない余剰なコレステロールを血管内に放置するはたらきがあります。つまり、高血圧症を改善するには、LDLを下げることがひとつの解決手段となりうるのです。では、具体的にはどのようにすればよいのか、方法にはいくつかありますが、食品によって下げることもできます。実は、コーヒーはLDLを下げてくれる飲み物なのです。コレステロールを下げる食品として、トクホ、いわゆる「特定保健用食品」が注目を集めています。しかし、トクホの食品は通常よりも値段が高い場合が多く、経済的に負担となります。そこで、日常的に飲むことでコストを安くおさえながら、コレステロールを下げることができるのです。コーヒーは同じくコレステロールを下げると言われるお茶と主に安価で、しかもどこにでも売っています。最近では各コンビニチェーンが挽きたてのコーヒを提供しており、いつでもどこでもおいしいコーヒーを飲むことで、ストレスを感じることなく高血圧症対策ができるのです。他にはココアや紅茶、赤ワインや豆乳などがコレステロールを下げると言われています。しかし、それらには糖分やアルコール、脂肪分などが多く含まれており、飲みすぎるとかえって健康を損ねてしまう可能性すらあります。コーヒーやお茶にもカフェインが含まれているので飲みすぎには禁物ですが、経済的に最も安価で、家庭でも気軽に飲むことができるのでおすすめです。食後のティータイムとして飲むことで、胃を膨らませ、食べ過ぎ防止にも役立ちます。