高血圧症になってしまうと食事や薬など色々と制限がかかってしまい身体的にも金銭的にも苦しくなってしまいます。そうなる前になにをすれば未然に防げるかご紹介していきますので参考にしてみてください

高血圧症を食事で防ごう

高血圧症になってしまう要因はいろいろとありますが、まずはきちんとした食事をすることにより改善するものです。
最初は、食塩の取りすぎから改善していくとよいです。
加工食品など、意外と多くの食塩が使われています。食塩をとりすぎると、正常な状態に戻そうとして血液量が増えてしまい血圧が上がってしまいます。
現在は、減塩関連の商品も数多くあり一つ一つ確認していけば、食塩を多く摂取せずに食事をすることが可能です。
全く食塩を摂取してはいけないわけではありません。一日六グラムをこえないように気をつければ高血圧症を防ぐことができます。
高血圧といえば塩分を控えることがたいせつですが、塩分だけではいけません。
高カロリーになる食事も控えなければいけません。
肥満も高血圧症の原因になっているからです。減塩ばかりに目がいってしまいがちですが、カロリーのことを忘れてはいけません。
揚げ物は極力さけ、清涼飲料水も飲むのをやめておいたほうがいいです。
カロリーが増える要因になるのは、油脂と糖分です。全く摂取してはいけないわけではありません。
多量に摂取してしまうのがいけないだけです。
高血圧症を防ぐためには、野菜中心のメニューが理想的です。
食物繊維で老廃物を排泄しやすくなりますので、肥満を防ぐことができます。たんぱく質を摂取したいならば、大量でなければ肉類を食べても問題ありませんが、できれば魚を食べるとよいです。
DHAなど体にいい成分がたくさんありますので、刺身にして食べるとよいですが、醤油をたくさん使わないように気をつけるとよいです。また、減塩の醤油もありますので料理によって変えていくとよいです。
あとは、油断してアルコールを大量に飲まないことです。どんなお酒を飲むにしても、カロリーはあります。お酒を飲むとついつい食べ過ぎてしまう可能性もありますので、気をつけることを忘れてはいけません。
いろいろ気をつけなければいけませんが、ストレスのことも忘れてはいけません。
食塩やカロリーを気にするあまり、好きなものを食べられないとストレスがたまるものです。
ストレスがたまると、体にとって悪影響が出てくるものです。毎日ではいけませんが、時には好きなものを食べることをやるとよいです。
一日三十品目を食べるようにすることも必要です。
様々な食品を、少量食べることで体調もよくなるものです。体調がよくなれば高血圧症になりにくくなるものです。
少し工夫すれば、血圧を上げることを防ぐことができます。